アンティーク沙羅

 

 

商品検索
キーワード    価格範囲 円〜

 

更紗とは?     Chintz

 

更紗とは平織りの布にさまざまな方法で小さな柄をつけた布です。機械のプリント柄は更紗とは呼びません。

昔は手織り布が使われていましたが、近年はほとんどが機械織り。
茶人が好んだ鬼更紗は手織り布に木版型で色、柄づけしたもの。

 

この柄付けにもたくさんの手法があります。芋を彫って作った芋版で柄をつけたものも更紗。

木版型、金属版での色、柄付け。バティクはロウで柄を防染して染める。

糊で防染する方法もある。ロウの防染も手描き、チャップと呼ばれる金属型で、ロウを押しつけする方法もある。

 

日本では柿渋を塗った紙に柄を切り取り、色を刺す手法が昔からある。沖縄の紅型もこれと同じテクニック

 

型染め

 

木版型染め
硬い木に柄を彫り、染料をつけて押し付ける。
色の数だけ木版型が必要。
インドでは18世紀この木版型染めをコルマンデル海岸地方で世界のニーズに合わせて製作、各国に輸出していた。
現代でも木版型染めは作られている。染料もかっては植物染料だったが現代はほとんど科学染料。

型押しは大きな木台の上に薄い布団をおき、布を置いて押す。角は斜め半分を紙で伏せ押す。
裏と表を柄付けする場合は反対柄も必要なので倍の木版型が必要。

金属版

金属はほとんど真鍮。

上のチャップは厚みがあるので硬い真鍮での製作は難しい。

これは真鍮の丸線。平板線を木に埋め込み作られている。

木版型より繊細な細い線を出すことが出来る。

 

布目の小さな布、シルクなどに使われる。

蝋防染

 

 

 

 

 チャンティ防染
インドネシアのジャワ更紗はバティク。
手描きはこのチャンチンを使って描く。
銅部分の小さな壷にロウをいれ、先の細いパイプからロウが出て描く。
細いパイプは1本、2,3本とあり、細い平行線を描くことも出来る。

ただしこのチャンチンが自由に操れるようになるには最低5年間の訓練が必要

 

 チャップの防染
銅の丸線、細い平板を折り曲げ版を作る。
高さは4〜5センチ。裏には持ち手がつけられている。

これを熱した、液体状のロウが入った鍋に浸して布に押してゆく。
版が沈み過ぎないように鍋には木が入れてある。

 アンティーク沙羅の更紗

 

 ペルシャ更紗

 

 

 パフラビ朝、1925年、近代化推進政策の一環として、私方が取り扱っている更紗は製作禁止。
19世紀、インドでペルシャ向けに同じ柄の更紗が作られ、入ってきていたが1925年輸入も財政問題で禁止。
したがって1925年以前のもの、色は植物染料で木版型染めの更紗。
あつかっているペルシャ更紗は95%がインド更紗です。
ただ、イランでしか見ませんのでペルシャ更紗と言っています。
インドAP州、ハイドラバドの博物館にはこのような更紗が展示されています。
このあたりでつくられたのです。
現代、イランで作られている更紗は機械織り布、科学染料染め。
 

インドネシアバティク

 

 

 ロウ防染の更紗。上記のチャンチンを使った手描き、チャップ使用の更紗。

両方のテクニックを使っているものも多い。大体30から50年前のもの。

染料はソガ染め(黄土色、茶色)などは植物染料、後は科学染料。

片面染め、両面染めがある。色の数だけロウを置いたり、取ったりする。

インドネシア
古更紗

 

テクニックは上記と同じだが100年前の古いもの。

植物染料がほとんど

アジャラク・他 数年前、NHKの「インダス文明」でこのアジャラク更紗の製作過程が放映されていた。
未だに牛の尿に浸したり、ミルクで洗ったりして染色をしていた。
発掘された2000年前の書記の男性像が柄の布を巻いていて、この布はアジャラクに違いないといわれています。
未だにパキスタン・シント地方、カッチ地方で製作されています。現代は?????

 この木版型の柄がインドをはじめ世界の現代の布の柄に大きな影響を与えています。